コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王滝蕪 おうたきかぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

王滝蕪[根菜・土物類]
おうたきかぶ

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に木曽郡王滝村で生産されている。来歴は不明であるが、山形県から400年ほど前に伝わったものともいう。表皮は赤紫色で、身は白い。また、身は緻密でやわらかい。10月中旬から11月中旬に出荷される。漬物に利用される。信州の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

王滝蕪

長野県木曽郡王滝村で生産されるカブ。「王滝かぶ」とも。根部は長いもの、扁平なものなどさまざまな系統があるが、色は赤紫色で肉質はやわらかい。来歴不詳だが、400年ほど前に山形県から伝播したものとされ、尾張藩への年貢とした記録もある。漬物、汁物などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

王滝蕪の関連キーワード長野県木曽郡王滝村

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android