コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玻璃斑岩状組織 はりはんがんじょうそしきvitrophyric texture

岩石学辞典の解説

玻璃斑岩状組織

火成岩の組織でガラス質石基の中に多少よく発達した斑晶が存在する火成岩の組織の総称である[Vogelsang : 1872].CIPWの分類では石基がメガスコピックにガラス質のものをいう[Cross, et al. : 1906].班晶または結晶や石質の破片がガラス質のマトリクス中に含まれるもの[Bowes : 1989].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

玻璃斑岩状組織の関連キーワード斑状ガラス質

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android