コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珍無類 チンムルイ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐むるい【珍無類】

[名・形動]他に例のないほどおかしくて変わっていること。また、そのさま。「珍無類な(の)発想」
「東洋軒は、又、その日も―なお客を迎えた」〈葉山海に生くる人々

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんむるい【珍無類】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ほかに類のないほどひどく変わっていること。滑稽きわまりないこと。また、そのさま。 「 -の服装」 「 -な発言」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

珍無類の関連キーワード歌沢能六斎服装

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android