コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海に生くる人々 うみにいくるひとびと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海に生くる人々
うみにいくるひとびと

葉山嘉樹長編小説。 1926年刊。作者が 23年名古屋刑務所収監中に完成。自分の体験に取材した作品で,室蘭,横浜間の石炭船を舞台に,さまざまな船員たちの生態を諧謔味を帯びた筆で描き分けながら,過酷な労働条件とそれへ反発する自然発生的なストライキ,そのささやかな勝利と弾圧による挫折までの過程を写している。プロレタリア文学先駆として,すぐれた集団描写,自然描写の成功とあわせて評価されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うみにいくるひとびと【海に生くる人々】

葉山嘉樹の長編小説。1923年(大正12),名古屋の刑務所の中で書き上げられ,26年に改造社から刊行。第1次世界大戦のころ,室蘭・横浜航路の石炭貨物船万寿丸では,さまざまなタイプの海上労働者たちが,冷酷,残忍な船長の下で,生命を危険にさらしながら働いていた。搾取されつつ生きていた彼らが,やがて人間的正義と階級意識とにめざめて団結し,闘争に立ち上がっていく姿を,活気にあふれる文章で描いている。葉山自身の船員体験や労働運動の経験をふまえ,またマルクスドストエフスキーの思想的,文学的な影響を受けて構想された雄壮な長編。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うみにいくるひとびと【海に生くる人々】

小説。葉山嘉樹作。1926年(大正15)刊。石炭貨物船に働く海上労働者の階級的な目覚めを、自然描写を背景に描く。プロレタリア文学の記念碑的な作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海に生くる人々
うみにいくるひとびと

葉山嘉樹(よしき)の長編小説。1926年(大正15)10月改造社刊。第一次世界大戦期、暴風雪を冒し室蘭(むろらん)港を出た石炭船万寿丸は、難破船の救助信号を黙殺し、負傷したボーイ長の手当てをせず横浜に向かう。こういう非人間的な海上生活のなかで、下級船員たちは階級意識に目覚め、ストライキを敢行し勝利するが、横浜で迎えていたのは指導者たちの逮捕であった。作者の下級船員体験や労働運動体験などをもとに獄中で書かれた。ユーモアを含むリアリズムを基調に、新鮮な表現と文体で海上労働者の生活、意識とその成長がよくとらえられ、新しい階級的な文学の成功を実作上で実証し、次の世代の小林多喜二(たきじ)らに深い影響を与えた。[祖父江昭二]
『『葉山嘉樹全集1』(1975・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海に生くる人々の関連キーワード葉山嘉樹(1894~1945)タイラント葉山 嘉樹虚心平気繰延べるぎくぎく海洋文学てんきり珍無類時無し外道惨憺町場比例高雅塡充劫掠迂愚偉力腐朽

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android