コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海に生くる人々 うみにいくるひとびと

5件 の用語解説(海に生くる人々の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海に生くる人々
うみにいくるひとびと

葉山嘉樹長編小説。 1926年刊。作者が 23年名古屋刑務所収監中に完成。自分の体験に取材した作品で,室蘭,横浜間の石炭船を舞台に,さまざまな船員たちの生態を諧謔味を帯びた筆で描き分けながら,過酷な労働条件とそれへ反発する自然発生的なストライキ,そのささやかな勝利と弾圧による挫折までの過程を写している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うみにいくるひとびと【海に生くる人々】

葉山嘉樹(はやまよしき)の長編小説。大正15年(1926)刊。貨物船の海上労働者たちが、しだいに階級意識目覚めていく過程を描いた、プロレタリア文学の代表作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うみにいくるひとびと【海に生くる人々】

葉山嘉樹の長編小説。1923年(大正12),名古屋の刑務所の中で書き上げられ,26年に改造社から刊行。第1次世界大戦のころ,室蘭・横浜航路の石炭貨物船万寿丸では,さまざまなタイプの海上労働者たちが,冷酷,残忍な船長の下で,生命を危険にさらしながら働いていた。搾取されつつ生きていた彼らが,やがて人間的正義と階級意識とにめざめて団結し,闘争に立ち上がっていく姿を,活気にあふれる文章で描いている。葉山自身の船員体験や労働運動の経験をふまえ,またマルクスドストエフスキーの思想的,文学的な影響を受けて構想された雄壮な長編。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うみにいくるひとびと【海に生くる人々】

小説。葉山嘉樹作。1926年(大正15)刊。石炭貨物船に働く海上労働者の階級的な目覚めを、自然描写を背景に描く。プロレタリア文学の記念碑的な作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海に生くる人々
うみにいくるひとびと

葉山嘉樹(よしき)の長編小説。1926年(大正15)10月改造社刊。第一次世界大戦期、暴風雪を冒し室蘭(むろらん)港を出た石炭船万寿丸は、難破船の救助信号を黙殺し、負傷したボーイ長の手当てをせず横浜に向かう。こういう非人間的な海上生活のなかで、下級船員たちは階級意識に目覚め、ストライキを敢行し勝利するが、横浜で迎えていたのは指導者たちの逮捕であった。作者の下級船員体験や労働運動体験などをもとに獄中で書かれた。ユーモアを含むリアリズムを基調に、新鮮な表現と文体で海上労働者の生活、意識とその成長がよくとらえられ、新しい階級的な文学の成功を実作上で実証し、次の世代の小林多喜二(たきじ)らに深い影響を与えた。[祖父江昭二]
『『葉山嘉樹全集1』(1975・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海に生くる人々の関連キーワード葉山嘉樹私の男中編小説長編小説上と外未踏峰夜の眼槿1Q84葉山嘉樹(1894~1945)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone