珪質軟泥(読み)けいしつなんでい

大辞林 第三版の解説

けいしつなんでい【珪質軟泥】

ケイ酸に富むケイ藻・放散虫・ケイ質海綿などの遺体を含む、未固結できわめて細粒の深海堆積物。ケイ藻軟泥・放散虫軟泥など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android