珪藻類(読み)ケイソウルイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪藻類
けいそうるい
diatoms
[学]Bacillariophyceae

黄藻植物門の1綱、または独立の植物門として扱われる藻類で、大きく中心類(円心類)と羽状類に2大別される。すべてが単細胞で一見下等な植物に思えるが、進化の起源は意外と若く、中生代のジュラ紀に始まる。また、褐藻類のホンダワラの仲間、緑藻類のミルの仲間とともに、生活史に複相(2n)体のみが現れる数少ない複相植物の一つである。光合成色素としてはクロロフィルaとcのほか、キサントフィル系の色素をもつので葉緑体は褐色を呈し、光合成産物も多糖類の一種クリソラミナリンと油である。
 細胞はケイ酸質の2枚の殻(外殻と内殻)で包まれ、外殻は弁当箱の蓋(ふた)に、また内殻は中子(なかご)に相当したつくりになっている。細胞分裂のあとにできる新しい殻は、古い外殻と内殻に対して、さらに内殻としてつくられるので、後者の場合、殻の厚みだけ小さくなる。そのため分裂すればするほど小さくなるが、増大胞子形成がおこって大きさを回復する。殻面には微細な刻紋模様があり、種の分類はおもにこの模様に基づいて行われるが、模様が放射相称のものを中心類、左右相称のものを羽状類とよぶ。中心類では卵と精子ができ受精が行われるが、羽状類では同形または異形の配偶子接合がおこる。また中心類はおもに海産、羽状類はおもに淡水産という違いもみられる。
 中心類にはコアミケイソウ、ツノケイソウ、ツツガタケイソウなど、羽状類にはハリケイソウ、エスガタケイソウ、フネケイソウ、ハネケイソウ、クチビルケイソウ、クサビケイソウなどの属が含まれるが、種類が非常に多く、それぞれの種類が各種の環境に適応してすみ分けているので、海産種、淡水種、プランクトン種、着生種、酸性種、止水種、流水種、腐水耐性種などに区別できる。そのため、ある場所のケイソウの種類構成や種類別の出現頻度を調べると、その場所の水質がわかるので、水質判定に多用されるようになった。また、ケイ酸質の殻は化石としても残りやすく、地質時代の古環境の判定にも利用されている。化石が大量に堆積(たいせき)したものを珪藻土とよぶが、珪藻土鉱床の近くには石油がみつかる。珪藻土は砂糖の精製、ダイナマイトの吸着剤、耐火れんがや耐火ボードの原料として古くから使われてきたが、プールの水の濾過(ろか)剤としても大量に使用されている。また、メガネケイソウPleurosigma angulatumの規則正しい格子状の模様は、レンズの分解能、非点収差、コマ収差、色収差などを調べるための検査用プレパラートとして使われてきた。[小林 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android