コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪長岩質組織 けいちょうがんしつそしきfelsitic texture

岩石学辞典の解説

珪長岩質組織

微細な石英と長石の結晶からなる緻密な石基の組織で斑晶を欠き,石英珪長岩などの潜晶質の石基のように見えるもので,顕微鏡による同定は一般に困難か不可能である.これは粘性のあるマグマの急冷か天然ガラスの脱玻璃化作用による結果である[Geikie : 1882, Teall : 1888].非顕晶質(aphanitic)と同じ意味に用いられるが,研究者によって明るい色の岩石に珪長岩質を使い,同様の組織でも暗い色の岩石には非顕晶質を使用する場合がある.また標本で非顕晶質のもののみを珪長岩質という場合がある.ドイツ語のFelsは岩石,felsiteはfeldsparからきている.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android