コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪長岩質組織 けいちょうがんしつそしき felsitic texture

1件 の用語解説(珪長岩質組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

珪長岩質組織

微細な石英と長石の結晶からなる緻密な石基の組織で斑晶を欠き,石英珪長岩などの潜晶質の石基のように見えるもので,顕微鏡による同定は一般に困難か不可能である.これは粘性のあるマグマの急冷か天然ガラスの脱玻璃化作用による結果である[Geikie : 1882, Teall : 1888].非顕晶質(aphanitic)と同じ意味に用いられるが,研究者によって明るい色の岩石に珪長岩質を使い,同様の組織でも暗い色の岩石には非顕晶質を使用する場合がある.また標本で非顕晶質のもののみを珪長岩質という場合がある.ドイツ語のFelsは岩石,felsiteはfeldsparからきている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珪長岩質組織の関連キーワード文象花崗岩デーサイト石質サブアルコースケラタイトコルネアイトフェルサイト片岩珪長斑岩質エルコール岩結晶ひん岩スコマー岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone