珪長岩質組織(読み)けいちょうがんしつそしき(英語表記)felsitic texture

岩石学辞典の解説

珪長岩質組織

微細な石英と長石の結晶からなる緻密な石基の組織で斑晶を欠き,石英珪長岩などの潜晶質の石基のように見えるもので,顕微鏡による同定は一般に困難か不可能である.これは粘性のあるマグマの急冷か天然ガラスの脱玻璃化作用による結果である[Geikie : 1882, Teall : 1888].非顕晶質(aphanitic)と同じ意味に用いられるが,研究者によって明るい色の岩石に珪長岩質を使い,同様の組織でも暗い色の岩石には非顕晶質を使用する場合がある.また標本で非顕晶質のもののみを珪長岩質という場合がある.ドイツ語のFelsは岩石,felsiteはfeldsparからきている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android