現世安穏後生善処(読み)げんぜあんのんごしょうぜんしょ

精選版 日本国語大辞典「現世安穏後生善処」の解説

げんぜ【現世】 安穏(あんのん)後生(ごしょう)善処(ぜんしょ)

(「法華経‐二・薬草喩品」の「皆令歓喜快得善利。是諸衆生聞是法已。現世安穏後生善処」による) 妙法を聞いて、これを信じる人は、現世では安穏な生活を送ることができ、後世では善処に生まれるということ。
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「同じく現世安穏後生善処、その思ひ遂げしめんとおぼしたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「現世安穏後生善処」の解説

現世げんせ安穏あんのん後生ごしょう善処ぜんしょ

《「法華経」薬草喩品から》法華経を信じる人は、現世では安穏に生活でき、後生ではよい世界に生まれるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android