コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現実売買 ゲンジツバイバイ

デジタル大辞泉の解説

げんじつ‐ばいばい【現実売買】

売買方法の一。売買契約の成立と同時に物が買い主に引き渡され、代金が売り主に支払われるもの。現金売買

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんじつばいばい【現実売買】

店頭で商品を購入し代金を現金で支払うような、売買契約の成立と同時に売主から買主への財産権の移転と買主から売主への代金の支払いが瞬時に履行される売買のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の現実売買の言及

【売買】より

…不動産など重要な財産権を対象とする売買では,契約書が作成されることが多いであろうし,法律上も契約内容を明確にして紛争を防止する等の目的のために契約に関する書面の交付が要求されている場合があるが(宅地建物取引業法37条,〈訪問販売等に関する法律〉5条等),これらの場合の多くは書面の作成は効力発生の要件ではないと解されている。なお,スーパーマーケットでの売買や,自動販売機を利用した売買では,目的物の引渡しと代金の支払とがただちに完了してしまい,売ろう・買おうという合意が存在するとはみられないので(このような売買を現実売買という),現実売買の性質をどのように解すべきかについて議論があったが,現在では,これも売買契約の一つと考えて,性質の許すかぎり(556条,557条などは現実売買の性質上適用されない)売買の規定を適用すべきであると解されている。
[売買一方の予約]
 売買契約の締結に先だって,将来において契約(これを予約に対し本契約という)をする旨の合意がなされることがあり,これを売買の予約という。…

※「現実売買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

現実売買の関連キーワード財産権売主買主

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android