コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現実戦争 げんじつせんそう wirklicher Krieg

1件 の用語解説(現実戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現実戦争
げんじつせんそう
wirklicher Krieg

K.クラウゼウィッツの戦争論。戦争を2つに分け,絶対的戦争に対比する概念として現実戦争をあげた。絶対的戦争 absoluter Kriegは暴力,打倒感情,力の3つが相互作用し,無限界性を発揮するために,軍事的動作が自然に敵の極限までの撃滅を目標とするのに対して,現実戦争は歴史的事実を基にして,戦争はいつも絶対的戦争に近づくものの,「無限に追求されるべき相互の暴力行使をある種の人為的操作によって制限する」ので「中途半端」であり,戦争の「哲学的,根本的本質」からみれば,「自然法から逸脱している」 (『戦争論』3巻,1832~34) と規定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現実戦争の関連キーワードイギリスビルマ戦争クラウゼビッツクラウゼンブルククラウゼウィツグラウィッツ,P.グラウィッツ腫瘍人民戦争論世界最終戦争論《戦争論》ライゼウィッツ,J.A.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone