コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球花/毬花 キュウカ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐か〔キウクワ〕【球花/×毬花】

裸子植物の松・杉・ヒノキなどの雌花。1本の軸上に雌しべの基部に胚珠(はいしゅ)をつけたものが多数つき、球状になったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の球花/毬花の言及

【裸子植物】より

…いっぽう,ベックC.B.Beckによる前裸子類(原裸子(げんらし)植物ともいう)の発見(1960)により,ソテツ系,球果系ともにそれぞれ原裸子植物のアネウロフィトン目とアルカエオプテリス目から由来するという提唱もあり,裸子植物の系統については単元論,二元論をめぐり,現在でも論議が続いている。
[球花]
 裸子植物で高度に特殊化した花の集合体(球花)は,球果類(針葉樹)にみられる。その代表のマツを例にとると,春先,新枝の先端に煉瓦色の楕円体,新枝の基部に黄色の楕円体が群生する。…

※「球花/毬花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone