理一元論(読み)りいちげんろん(英語表記)Li-yi-yuan-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理一元論
りいちげんろん
Li-yi-yuan-lun

中国哲学用語。特に理気二元論に対していう。気二元論とは,を対置して,この2つの概念によって天地,人事のすべてを解釈していくのであるが,理一元論は,気をあまり問題にせず,もっぱら理のみによって論を立てる。理気二元論の代表は朱子であるが,理一元論の主張者としては,陸象山王陽明があげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android