理事官(読み)りじかん

  • りじかん ‥クヮン

大辞林 第三版の解説

海難審判庁理事官および副理事官の略称。海難審判の請求、それに係る海難の調査、採決の執行をつかさどる。
主として外交・領事事務に直接従事する外務職員が、国際慣行により用いる公の名称。一等・二等・三等理事官および副理事官の区別がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 明治四年(一八七一)一〇月二二日に設置し、特命全権大使に従わせて欧米諸国に派遣した官吏。各国の諸事情を調査し、日本に適用すべきものを分担研究するのを職務とした。
※新聞雑誌‐二〇号・明治四年(1871)一一月「今般理事官として『欧米』各国へ被差遣
② 海難審判庁の職員の一つ。審判に付すべき事実の報告を受け、調査および証拠の収集を行ない、審判に付すべきものと認めたときは審判開始の申立てを行なう者。〔海員審判所職員定員及任用令(明治三〇年)(1897)〕
③ 旧制で各省に置かれた官名の一つ。奏任官。判任官の優遇策としても用いられた。
④ 旧制で各府県に置かれた地方官の一つ。のち地方事務官と改称された。
⑤ 明治三八年(一九〇五)一二月より同四三年九月まで、朝鮮に駐在した監督官。
⑥ もと、台湾総督府、朝鮮総督府、関東庁に置かれた職員の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理事官の関連情報