琴弾山(読み)ことびきやま

世界大百科事典 第2版の解説

ことびきやま【琴弾山】

香川県西部,観音寺(かんおんじ)市の財田川河口北岸にある花コウ岩丘陵。標高58m。頂上からの燧(ひうち)灘の全貌,伊吹島,三崎半島の眺望はすばらしく,瀬戸内海国立公園に含まれる。付近の海岸は県立琴弾公園(名)となり,海水浴場の有明浜とその砂上に掘られた寛永通宝の銭型模様は有名。山頂には703年(大宝3)創建の琴弾八幡宮,東側山麓には七宝山神恵(じんね)院観音(かんのん)寺(四国八十八ヵ所68番札所神恵院,69番札所観音寺)があって遍路の姿が絶えない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琴弾山の関連情報