有明浜(読み)ありあけはま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有明浜
ありあけはま

香川県西部、観音寺(かんおんじ)市、燧灘(ひうちなだ)に面する白砂青松の美しい砂浜。県立琴弾公園(ことひきこうえん)の一部で、砂上に掘られた周囲400メートルに及ぶ寛永(かんえい)通宝の銭形(ぜにがた)が名高い。1633年(寛永10)高松藩主生駒高俊(いこまたかとし)が巡視したとき、領民が一夜でつくったというが、実際は江戸時代末期のものらしい。現在は年2回砂ざらえが行われる。

[坂口良昭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android