コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良昭 りょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良昭 りょうしょう

1363-1402 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。近衛道嗣(みちつぐ)の子。法相(ほっそう)宗。実玄を師として奈良興福寺一乗院にはいる。師が還俗(げんぞく)配流されたのち門跡(もんぜき)となる。維摩会(ゆいまえ)竪義(りゅうぎ),講師(こうじ)をつとめ,興福寺別当となった。大僧正。応永9年4月23日死去。40歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良昭の関連キーワードマスペロ(Gaston Maspero)マスペロ(Henri Maspero)塩飽諸島(しわくしょとう)ジャヤバルマン(7世)ジャヤバルマン(2世)世界忍者戦ジライヤアンコール・ワットアンコール・トムイェンバイ蜂起大島(香川県)コンポンチャムサイゴン条約トンキン事件アルマン条約コンポンソム香川(県)広島(島)高松(市)チャンパ三崎半島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良昭の関連情報