コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴桜傑将 コトザクラマサカツ

2件 の用語解説(琴桜傑将の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ことざくら‐まさかつ【琴桜傑将】

[1940~2007]力士。第53代横綱。鳥取県出身。本名、鎌谷紀雄。ぶちかましを得意とし「猛牛」の異名を取った。引退後、年寄白玉を経て佐渡ヶ嶽を襲名。→第52代横綱北の富士 →第54代横綱輪島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琴桜傑将 ことざくら-まさかつ

1940-2007 昭和時代後期の力士。
昭和15年11月26日生まれ。34年佐渡ケ岳部屋に入門。38年入幕。腰,ひざなどの故障をのりこえ,48年32歳で53代横綱となる。優勝5回のうち4回までが大関時代。強烈なぶちかましで「猛牛」とよばれた。49年引退後,佐渡ケ岳部屋をつぐ。平成4年日本相撲協会理事。平成19年8月14日死去。66歳。鳥取県出身。本名は鎌谷紀雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

琴桜傑将の関連キーワード柏戸剛断髪式玉の海正洋栃ノ海晃嘉控力士朝潮太郎(3代)小熊伊成豊山勝男渡辺みよ子あんま

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone