コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴桜傑将 コトザクラマサカツ

デジタル大辞泉の解説

ことざくら‐まさかつ【琴桜傑将】

[1940~2007]力士。第53代横綱。鳥取県出身。本名、鎌谷紀雄。ぶちかましを得意とし「猛牛」の異名を取った。引退後、年寄白玉を経て佐渡ヶ嶽を襲名。→第52代横綱北の富士 →第54代横綱輪島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琴桜傑将 ことざくら-まさかつ

1940-2007 昭和時代後期の力士。
昭和15年11月26日生まれ。34年佐渡ケ岳部屋に入門。38年入幕。腰,ひざなどの故障をのりこえ,48年32歳で53代横綱となる。優勝5回のうち4回までが大関時代。強烈なぶちかましで「猛牛」とよばれた。49年引退後,佐渡ケ岳部屋をつぐ。平成4年日本相撲協会理事。平成19年8月14日死去。66歳。鳥取県出身。本名は鎌谷紀雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

琴桜傑将の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android