コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北の富士勝昭 キタノフジカツアキ

デジタル大辞泉の解説

きたのふじ‐かつあき【北の富士勝昭】

[1942~ ]力士。第52代横綱北海道出身。本名、竹沢勝昭。昭和45年(1970)玉の海とともに横綱に昇進。優勝10回。引退後、年寄九重(ここのえ)を襲名し、千代の富士北勝海(ほくとうみ)の二横綱を育てた。→第51代横綱玉の海 →第53代横綱琴桜(ことざくら)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北の富士勝昭 きたのふじ-かつあき

1942- 昭和時代後期の力士。
昭和17年3月28日生まれ。昭和32年出羽海部屋に入門。十両で全勝優勝し,39年入幕。42年千代の山の九重部屋にうつり,45年玉の海と同時に横綱に昇進(52代)。「現代っ子横綱」といわれた。49年引退。優勝10回。九重を襲名し,千代の富士,北勝海の2横綱をそだてた。平成4年九重部屋を千代の富士にゆずり,陣幕に名跡変更。10年日本相撲協会を退職,解説者となる。北海道出身。本名は竹沢勝昭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北の富士勝昭の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン第2次世界大戦太平洋戦争アフリカ文学大庭秀雄

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北の富士勝昭の関連情報