コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北の富士勝昭 キタノフジカツアキ

2件 の用語解説(北の富士勝昭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたのふじ‐かつあき【北の富士勝昭】

[1942~ ]力士。第52代横綱北海道出身。本名、竹沢勝昭。昭和45年(1970)玉の海とともに横綱に昇進。優勝10回。引退後、年寄九重(ここのえ)を襲名し、千代の富士北勝海(ほくとうみ)の二横綱を育てた。→第51代横綱玉の海 →第53代横綱琴桜(ことざくら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北の富士勝昭 きたのふじ-かつあき

1942- 昭和時代後期の力士。
昭和17年3月28日生まれ。昭和32年出羽海部屋に入門。十両で全勝優勝し,39年入幕。42年千代の山の九重部屋にうつり,45年玉の海と同時に横綱に昇進(52代)。「現代っ子横綱」といわれた。49年引退。優勝10回。九重を襲名し,千代の富士,北勝海の2横綱をそだてた。平成4年九重部屋を千代の富士にゆずり,陣幕に名跡変更。10年日本相撲協会を退職,解説者となる。北海道出身。本名は竹沢勝昭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北の富士勝昭の関連キーワード柏戸剛玉の海正洋栃ノ海晃嘉双羽黒光司朝潮太郎(3代)浦野幸男琴ケ浜貞雄豊国福馬中尾都山(2代)豊山勝男

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北の富士勝昭の関連情報