輪島大士(読み)ワジマヒロシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

輪島大士 わじま-ひろし

1948- 昭和時代後期の力士。
昭和23年1月11日生まれ。日大で2年連続学生横綱。昭和45年花籠(はなかご)部屋に入門し,幕下付け出しで初土俵。46年7場所で入幕。48年21場所で54代横綱となる。左下手からの投げは「黄金の左」とよばれ,北の湖とともに一時代をきずく。56年引退。優勝14回。花籠部屋をついだが,61年廃業。プロレスラーをへて,学生援護会顧問。石川県出身。日大卒。本名は輪島博。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

輪島大士

力士、第54代横綱。1948年1月11日生まれ、石川県七尾市出身。本名は輪島博。66年に日本大学に入学し、3年時と4年時に学生横綱に輝いた。大学を卒業した70年に花籠部屋に入門し、同年1月に幕下付け出しで初土俵を踏んだ。72年の夏場所で幕内初優勝を果たし、73年に史上初となる学生相撲出身の横綱となった。「黄金の左」と呼ばれた左の下手投げを得意技とし、好敵手であった第55代横綱・北の湖としのぎを削って「輪湖時代」を築いた。14回の優勝を果たし、81年に引退。花籠親方となって部屋を継いだが、85年に廃業した。2018年10月8日、70歳で死去した。

(2018-10-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪島大士の関連情報