コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴陵光煕 ことおか てるさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琴陵光煕 ことおか-てるさと

1875-1946 明治-昭和時代前期の神職。
明治8年9月5日生まれ。31年金刀比羅宮(ことひらぐう)宮司(ぐうじ)となり,神苑整備,博物館,宝物館の完成や整備につくした。昭和16年香川県護国神社初代宮司をかねた。昭和21年8月25日死去。72歳。京都出身。旧姓久世著作に「神代琴平山」「こしがた」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

琴陵光煕の関連キーワード神職明治