瑞宝中綬章(読み)ずいほうちゅうじゅしょう

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうちゅうじゅしょう【瑞宝中綬章】

日本の勲章の一つで、瑞宝章6つのなかで3番目に位置する。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲三等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、4番目の瑞宝小綬章以上を授与するとなっている。一般行政事務での瑞宝中綬章の対象者は中央省庁の部局で長を務めた人で、そのほかでは大学教授に多い。伝達は所管大臣が行う。◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Neck Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞宝中綬章の関連情報