環境ガバナンス(読み)かんきょうがばなんす(英語表記)environmental governance

知恵蔵「環境ガバナンス」の解説

環境ガバナンス

持続可能な環境と人間の関係を築くための統治。環境と開発の利害対立を調整するフォーマル、インフォーマルな価値、基準、プロセス、機構の複合物を指し、国家や市民社会のあり方と深く関連する。地球環境ガバナンスで見れば、グローバル経済の新しいルールは、ほとんどがWTOIMFなどの国際機関によって定められつつあり、そうした経済関連機関の改革(=グリーン化)に加えて、国際環境機関の強化も必要である。すでに存在する環境保護のための合意、宣言、行動計画、国際条約などの実質化と拡大が出発点になる。さらに、UNEP(United Nations Environment Programme=国連環境計画)の地位を高め、WTOに比肩する世界環境機関にするという主張が注目される。ただし、環境ガバナンスのシステムは政府だけでは構築できないし、政府だけのものでもない。ISO(国際標準化機構)や持続可能な森林経営の標準を設定するFSC(森林管理協議会)のように、民間部門が規格設定に深く関わることも多くなった。環境NGOのネットワークも、重要な役割を果たしている。

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android