コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境格付け かんきょうかくづけ environmental rating

1件 の用語解説(環境格付けの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

環境格付け

企業を始め、ある組織が環境問題をどの程度認識し、どのような環境戦略を持ち、いかなる環境パフォーマンスを示しているか等を評価し、それを標準的組織と比べてランク付けすること。投資家、ステークホルダー(利害関係者)、並びに広く国内外の人々の意思決定に資する情報の提供が目的。あらゆる企業は活動を行う限り環境に影響を及ぼすが、そのかかわり方は環境に対する認識や戦略によって大きく変化する。環境への自主的な取り組みが占める比重が大きくなるにつれて、組織間の違いを評価する格付けの意義は大きくなる。格付けが正確な情報を提供するためには、企業の環境対応に関する可能な限り定量的な情報――環境パフォーマンス報告や環境会計等――の公開が前提になる。

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境格付けの関連キーワードエコファンド組織連想試問程度問題国字問題粗略討究栄養状態ミニマイトISO14001

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環境格付けの関連情報