コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓔珞蘭 ヨウラクラン

1件 の用語解説(瓔珞蘭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようらく‐らん〔ヤウラク‐〕【×××蘭】

ラン科の常緑多年草。暖地の樹上や岩上などに着生し、垂れ下がる。葉は先がとがり、2列に密に互生。5月ごろ、2~8センチの花茎を伸ばし、黄色っぽい小花を多数つける。もみじらん。ひおうぎらん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓔珞蘭の関連キーワード一葉繻子蘭名護蘭ビロード羊歯風蘭棒蘭松葉蘭豆蔦榧蘭獅子蘭

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone