瓦全(読み)ガゼン

デジタル大辞泉の解説

が‐ぜん〔グワ‐〕【瓦全】

《値うちのないものが完全な形で保存される意から》大したこともせずに生き長らえること。⇔玉砕
「若(も)し採用されなかったら丈夫玉砕―を恥ず」〈漱石・自転車日記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がぜん【瓦全】

〔北斉書 元景安伝「大丈夫寧可玉砕、不瓦全」〕
かわらとなって安全に残る意。何もしないで生きながらえていること。甎全せんぜん。 ⇔ 玉砕ぎよくさい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐ぜん グヮ‥【瓦全】

〘名〙 (瓦のようにつまらないものが完全に保存されることの意から) 何事もしないで、いたずらに生きながらえること。無為に生命を保つこと。
※自転車日記(1903)〈夏目漱石〉「若し採用されなかったら丈夫玉砕瓦全を恥づ」 〔北斉書‐元景安伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android