甚兵衛渡し(読み)じんべえわたし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甚兵衛渡し
じんべえわたし

水神渡ともいう。千葉県北部,印旛沼の北東部にあった民営の渡船場。承応年間 (1652~55) 佐倉藩の過酷な年貢に苦しむ農民のため,幕府に直訴しようとした公津村 (現成田市) の名主佐倉惣五郎を,渡し守甚兵衛が,禁を犯し深夜に船を出して藩の追っ手から逃し,みずからも自殺をとげたという歌舞伎『佐倉義民伝』で知られるゆかりの地。 1967年,甚兵衛大橋の完成により渡船は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android