コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚振る イタブル

デジタル大辞泉の解説

いた‐ぶ・る【甚振る】

[動ラ五(四)]
激しく揺り動かす。
「枝も幹も凄まじい音をたてて、一度に風から―・られるので」〈漱石・彼岸過迄〉
おどして金品をとる。また、痛め付けたり、嫌がらせをする。ゆする。「たちの悪い相手に―・られる」
激しくゆれる。
「風をいたみ―・る波の間なく我(あ)が思ふ君は相思ふらむか」〈・二七三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたぶる【甚振る】

( 動五[四] )
ゆする。せびる。ねだる。 「なにがしか小づかひを-・りたるかへりみち/安愚楽鍋 魯文
いじめる。痛めつける。 「やくざに-・られた」
激しく揺れる。また、ゆり動かす。 「風をいたみ-・る波の間なく/万葉集 2736」 〔一説に
と無関係に成立した語かという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甚振るの関連キーワード万葉集

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android