コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中貢太郎 たなか こうたろう

美術人名辞典の解説

田中貢太郎

小説家・随筆家。高知県生。号は桃葉。『田岡嶺雲幸徳秋水・奥宮健之追懐録』が出世作となる。怪談ものが多く、また大町桂月に傾倒。井伏鱒二・尾崎士郎らと随筆誌『博浪抄』を創刊。菊池寛賞受賞。昭和16年(1941)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田中貢太郎【たなかこうたろう】

小説家,随筆家。高知県生れ。大町桂月に師事,また田岡嶺雲の知遇を得,《明治叛臣伝》の調査編集にあたった。《田岡嶺雲,幸徳秋水,奥宮健之追懐録》(1914年)で認められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中貢太郎 たなか-こうたろう

1880-1941 大正-昭和時代前期の小説家。
明治13年3月2日生まれ。大町桂月に師事し,「田岡嶺雲・幸徳秋水・奥宮健之追懐録」が出世作となる。「中央公論」の「説苑(ぜいえん)」欄に実録,情話,怪異譚をかき,雑誌「博浪沙」を創刊した。昭和16年2月1日死去。62歳。高知県出身。号は桃葉。著作に「旋風時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中貢太郎
たなかこうたろう

[生]1880.3.2. 高知,三里
[没]1941.2.1.
作家,随筆家。小学校中退。『ホトトギス』の懸賞小説に当選。大町桂月に師事,田岡嶺雲の『明治反臣伝』 (1909) の調査,執筆に協力した。代表作『旋風時代』 (29~33) では明治維新の顕官の情痴の生活を奔放に描いて独自の境地を開いた。 1940年菊池寛賞受賞。『怪談青灯集』 (27) など怪談物も書き,『聊斎志異 (りょうさいしい) 』の翻訳もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中貢太郎
たなかこうたろう
(1880―1941)

小説家、随筆家。高知県生まれ。小学校3年で中退、漢学塾に通い、代用教員、新聞記者などの職業を経て、1909年(明治42)田岡嶺雲(れいうん)の『明治叛臣(はんしん)伝』の調査、執筆に協力したのち、『中央公論』の「説苑(ぜいえん)」欄に情話物や怪奇物を執筆した。作品は紀行文を含む随想と情話の系譜にたつ実録物、それに怪異譚(たん)に大別される。代表作には『怪談全集』(1928)、実録風の長編小説『旋風時代』(1929~30)などがあげられる。[磯貝勝太郎]
『『大衆文学大系11 田中貢太郎他集』(1972・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田中貢太郎の関連キーワード高知県高知市仁井田田中 貢太郎田岡 典夫ホトトギス磯貝勝太郎明治維新林有造怪談物顕官情痴

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中貢太郎の関連情報