生ぬ仲(読み)なさぬなか

精選版 日本国語大辞典の解説

なさ【生】 ぬ 仲(なか)

(その子を実際に産んだのではない関係の意) 義理の親子の間柄。肉親でない親子の間柄。
※北野天神縁起(鎌倉初)「昔もいまも、なさぬ中のならひにて、此まま子をあながちににくみけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android