生ばむ(読み)ナマバム

デジタル大辞泉の解説

なま‐ば・む【生ばむ】

[動マ四]なんとなく怪しく見える。どことなくうさんくさい。
「用心の最中、―・うたる人の疲れ乞ひするは、夜討ち強盗の案内見る者か」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまばむ【生ばむ】

( 動四 )
なんとなく怪しい。なんとなくうさんくさい。 「 - ・うだる人の疲れ乞ひするは夜討強盗の案内見る者か/太平記 33

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐ば・む【生ばむ】

〘自マ四〙 (「ばむ」は接尾語) あやしく見える。その場に似合わないものに見える。
※太平記(14C後)三三「用心の最中、なまはうたる人のつかれ乞するは、夜討強盗の案内見る者歟(か)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android