コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命保険料の所得控除制度

1件 の用語解説(生命保険料の所得控除制度の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

生命保険料の所得控除制度

自己または配偶者、その他の親族を、保険金受取人とする生命保険契約のために、生命保険料を支払った場合、一定額を、所得から控除します、税制上の優遇措置です。ただし、財形保険および保険期間5年未満の貯蓄保険は、控除の対象から除かれます。なお、個人年金保険料についても、一定の条件を満たして、税制適格特約を付加した契約の場合、一般の生命保険契約とは別枠で、所得控除制度が適用されます。その額は、所得税、住民税とも、一般の生命保険の場合と同額です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生命保険料の所得控除制度の関連キーワード姻族自己契約親族親族相盗配偶者傍系親族家族傷害保険ファミリー交通傷害保険無保険車傷害保険金人身傷害保険金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone