控除/扣除(読み)コウジョ

デジタル大辞泉の解説

こう‐じょ〔‐ヂヨ〕【控除/×扣除】

[名](スル)金銭・数量などを差し引くこと。「医療費が―される」「扶養―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

控除

控除とは差し引くという意味。社会保険料と税金が主で法定控除と呼ぶ。社会保険料は次の四つ。失業時の給付などに使われる雇用保険料、老後に受け取る厚生年金保険料、医療費の自己負担を減らす健康保険料、40歳から支払う介護保険料だ。厚生年金保険料や健康保険料は4~6月の給与を平均した標準報酬月額に基づき決まる。 税金には所得税住民税がある。所得税は個人所得に対して課税される。住民税は前年の所得に基づき6月以降に納める。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんは「明細の項目が分かると、家計管理や働き方に役立つ」と話す。

(2017-05-16 朝日新聞 夕刊 女子組)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android