コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命保険料

1件 の用語解説(生命保険料の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

生命保険料

生命保険契約に基づき、保険会社危険負担責任に対する対価として、保険契約者が支払う報酬のことを指します。給付、反対給付均等の原則および収支相等の原則にしたがって計算されます。保険料は、将来の保険金支払のための財源になる純保険料と、保険事業を運営、維持するための費用になる付加保険料とから構成されています。さらに、純保険料は、死亡、災害保険金等の支払にあてられる危険保険料と、満期保険金の財源になる蓄積保険料とに分かれ、予定死亡率予定利率の2つの要素によって計算され、付加保険料は予定事業費率によって決まります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生命保険料の関連キーワード保険給付免責危険保険契約の包括移転日本全会社生命表他人の生命の保険契約個人生命保険媒介代理店所属保険会社全会社表正味支払保険金

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生命保険料の関連情報