コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命保険料

保険基礎用語集の解説

生命保険料

生命保険契約に基づき、保険会社の危険負担責任に対する対価として、保険契約者が支払う報酬のことを指します。給付、反対給付均等の原則および収支相等の原則にしたがって計算されます。保険料は、将来の保険金支払のための財源になる純保険料と、保険事業を運営、維持するための費用になる付加保険料とから構成されています。さらに、純保険料は、死亡、災害保険金等の支払にあてられる危険保険料と、満期保険金の財源になる蓄積保険料とに分かれ、予定死亡率と予定利率の2つの要素によって計算され、付加保険料は予定事業費率によって決まります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

生命保険料の関連キーワード国税電子申告・納税システム生命保険料の所得控除制度日本全会社生命表生命保険料控除イー・タックス生命保険契約生命保険料率e口座振替年末調整所得控除全会社表所得税死亡表

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生命保険料の関連情報