コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蓄保険 ちょちくほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貯蓄保険
ちょちくほけん

生命保険生存保険一種。教育,結婚,住宅,事業資金などの準備を目的短期間 (3~5年) に一定貯蓄をすることに主眼がおかれ,保障的色彩が比軽的希薄な保険。すべて無診査で,保険期間の終了する満期まで被保険者が存在している場合に保険金が給付されるものであるが,保険期間中に特定の事由によって死亡した場合にも一定の基準で計算された金額が支払われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょちく‐ほけん【貯蓄保険】

比較的短期間で、保障よりも貯蓄を目的とした保険。満期になると保険金が支払われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

貯蓄保険

生存保険の一種で、3年、5年、7年といった短期間の貯蓄を目的とした保険を指します。満期あるいは災害法定指定伝染病で死亡した場合には所定の保険金が支払われます。病気死亡の場合には、払込保険料相当額が死亡給付金として支払われます。一般的に、この保険は無診査であり、保険料も年齢に関係なく算定されています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょちくほけん【貯蓄保険】

生存保険の一種で,保険期間を3年とか5年という短期間とし,保険期間満了まで被保険者が生存していたときに満期保険金が支払われるという貯蓄を目的とした保険である。保険期間内に死亡した場合の保障は商品によりまちまちであるが,一般には,経過月数に応じた死亡保険金が支払われるものや,災害・伝染病による死亡に対しては所定の死亡保険金が定められていて,それ以外の死亡に対しては既払込保険料程度の死亡給付金が支払われるものなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょちくほけん【貯蓄保険】

保険期間が比較的短く、保障よりむしろ貯蓄を目的とする生存保険。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貯蓄保険の関連キーワード生命保険料の所得控除制度生命保険料控除簡易生命保険隠れ貧困生命保険

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貯蓄保険の関連情報