コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生存費説 せいぞんひせつ subsistence theory

1件 の用語解説(生存費説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生存費説
せいぞんひせつ
subsistence theory

賃金水準は労働の再生産費用によって決定されるとする,A.スミス,D.リカード古典派経済学に属する人々が主張した賃金学説。リカードによって定式化された。彼は労働の自然価格 (賃金) は労働者をして平均的に生活し,また増減なくその種族を永続させるのに必要な価格であって,それは労働者とその家族を養うに必要な食物,必需品,便宜品およびある程度の慣習的娯楽品の合計によって決るとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生存費説の関連キーワード拡大再生産限界生産力説生産費説名目賃金賃金水準可変費用個数賃金賃金生存費説賃金交渉賃金水準統計

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone