コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生存費説 せいぞんひせつsubsistence theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生存費説
せいぞんひせつ
subsistence theory

賃金水準は労働の再生産費用によって決定されるとする,A.スミス,D.リカードら古典派経済学に属する人々が主張した賃金学説。リカードによって定式化された。彼は労働の自然価格 (賃金) は労働者をして平均的に生活し,また増減なくその種族を永続させるのに必要な価格であって,それは労働者とその家族を養うに必要な食物,必需品,便宜品およびある程度の慣習的娯楽品の合計によって決るとした。なぜ賃金がこの生存費の水準に決るかは,T.R.マルサス人口法則を導入することによって説明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生存費説の関連キーワード賃金鉄則説経済学説史古典学派賃金鉄則人口論生計費

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android