コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生得的地位 せいとくてきちいascribed status

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生得的地位
せいとくてきちい
ascribed status

文化人類学者 R.リントン地位分類の一つ。彼は地位が付与される際の基準に着目して,個人業績に対し与えられる地位,すなわち個人がその業績を通して獲得する地位を獲得的地位,性や年齢,親との関係,親の階層など個人が自分の努力によって支配できない要因によって,いわば押しつけられる地位を生得的地位と呼んだ。 T.パーソンズパターン変数を用いると,獲得的地位は業績主義的な地位,生得的地位は属性主義的な地位ということになるが,実際にはその境界は明確でない。たとえば産業社会の代表的な獲得的地位である職業威信も,所属する集団や組織の威信に左右されることがあったり,過去の職業経歴において累積された威信がその本人の人格全体の属性とみなされたりすることは往々みられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android