コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活学 せいかつがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活学
せいかつがく

生活を自然科学や経済学で分析するだけでなく,休養,娯楽,教養などの質によってとらえようとする学際的学問。建築学,社会学,哲学,文化人類学,栄養学など専門分野の枠をこえ,生活という一致点で研究を行う。考現学の社会学者今和次郎が 1951年に初めて「生活学」を提唱した。 72年日本生活学会発足。初代会長は今和次郎,理事長は建築評論家の川添登。ライフスタイル類型論や食事パターンの考現学,高密度低層住宅と生活などをテーマに研究が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生活学の関連キーワードノートルダム清心女子大学東京家政学院大学くらしき作陽大学名古屋女子大学名古屋文理大学広島女学院大学日本女子大学新潟県立大学羽衣国際大学東京都市大学中国学園大学岡山学院大学郡山女子大学活水女子大学田中 ふさ子金城学院大学高知県立大学小川 実也小林カツ代新生活運動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活学の関連情報