生活学(読み)せいかつがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活学
せいかつがく

生活を自然科学や経済学で分析するだけでなく,休養,娯楽,教養などの質によってとらえようとする学際的学問。建築学,社会学,哲学,文化人類学,栄養学など専門分野の枠をこえ,生活という一致点で研究を行う。考現学の社会学者今和次郎が 1951年に初めて「生活学」を提唱した。 72年日本生活学会発足。初代会長は今和次郎,理事長は建築評論家の川添登。ライフスタイル類型論や食事パターンの考現学,高密度低層住宅と生活などをテーマに研究が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android