コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今和次郎 こんわじろう

7件 の用語解説(今和次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今和次郎
こんわじろう

[生]1888.7.10. 弘前
[没]1973.10.27. 東京
社会学者,建築学者。 1912年東京美術学校卒業。早稲田大学理工学部建築学科の助手となり,20年教授,59年の定年まで建築美学や装飾原理を教える。都市を通じて,そこで生活する民衆の生活に興味をいだき,都市の生活風俗を採集,記録しようとして舞台装置家の吉田謙吉らとともに考現学を創始する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐わじろう〔‐ワジラウ〕【今和次郎】

[1888~1973]建築学者・風俗研究家。青森の生まれ。東京美術学校卒。早大教授。民家研究で知られ、また風俗・世相を研究する考現学を提唱。著作に「日本の民家」「考現学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今和次郎【こんわじろう】

建築学者,風俗学者。青森県生れ。東京美術学校卒。早大教授。1916年ころより新渡戸稲造柳田国男らの知遇を得,民家建築の研究を行った。また現代風俗を研究する〈考現学〉〈生活学〉を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今和次郎 こん-わじろう

1888-1973 大正-昭和時代の建築学者,風俗研究家。
明治21年7月10日生まれ。大正期に柳田国男らと民家の研究をはじめる。のち現代風俗を研究する「考現学」を提唱。早大教授を長年つとめ,服飾の研究や家政学など,ひろい分野で活躍した。昭和48年10月27日死去。85歳。青森県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「日本の民家」「考現学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こんわじろう【今和次郎】

1888‐1973(明治21‐昭和48)
建築学者,同時代風俗研究者。弘前市に生まれる。1912年東京美術学校図案科を卒業,20年早稲田大学建築学科教授。現実社会への強い関心から〈考現学〉〈生活学〉の新たな学問構築を意図し,精力的な研究を行ったが,学派を作らず,その成果は孤立して今日にのこされている。1916年ころより新渡戸稲造,柳田国男らの知遇を得,民俗学勃興期の農村調査に参加して民家建築研究の端緒を印した。また関東大震災後〈バラック装飾社〉を結成し,庶民生活の美化に尽くすとともに,現代風俗を記録研究する学として〈考現学〉を主唱実践した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんわじろう【今和次郎】

1888~1973) 建築学者・風俗研究家。青森県生まれ。早大教授。民家研究に民俗学の観点を導入。風俗・世相を研究する考現学を提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今和次郎
こんわじろう
(1888―1973)

建築家、民俗研究家。青森県弘前(ひろさき)市出身。1912年(明治45)東京美術学校図案科卒業。15年(大正4)早稲田(わせだ)大学建築学科助教授、20年教授。民家研究創始者の一人。服装研究家としても著名。民家を単に建築としてとらえるのではなく、民俗学的な観点から追究。一方、モダニズムにも着目し、「考現学」を創始。古いものの美しさを新しい生活のなかに生かすことを提唱し、実践的な面で活躍した。主著に『日本の民家』『考現学』『住居とくらし』『住生活』『西洋服装史』などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今和次郎の関連キーワード青森県弘前市清水富田青森県弘前市下白銀町青森県弘前市田町青森県弘前市土手町青森県弘前市馬喰町青森県弘前市稔町青森県弘前市御幸町青森県弘前市三和青森県弘前市賀田《風俗研究》

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今和次郎の関連情報