コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活水準論争 せいかつすいじゅんろんそうstandard of living debate

1件 の用語解説(生活水準論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活水準論争
せいかつすいじゅんろんそう
standard of living debate

イギリスの産業革命期において,労働者階級生活水準が上昇したか下落したかをめぐる論争。産業革命あるいは工業化が生活水準に及ぼした社会的影響をどう評価するか,という楽観論 (連続説) と,生活水準は停滞ないし下落したという悲観論 (断絶説もしくは非連続説) に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の生活水準論争の言及

【産業革命】より

… とすれば,近代的な二つの階級の成立と都市化という現象が,庶民生活をどのように変えたといえるか。悲観説・楽観説両派による〈生活水準論争〉は泥沼化して決着がつかないが,論争の過程で,たとえば次のような変化の実態はしだいに明らかになってきている。工場労働における低賃金と労働時間の長さが同時代にもしきりに問題にされたことは,12時間労働を規定した1833年の工場法などをみれば明らかである。…

※「生活水準論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone