コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続説 れんぞくせつcontinuity theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連続説
れんぞくせつ
continuity theory

心理学の仮説。刺激に対する反応が強化を受けるたびに,その習慣強度が徐々に増大し,それによって学習が成立するのであるから,学習はその最初から最後まで連続的であるという仮説。これと対立する非 (不) 連続説によれば,学習の手掛りに注意が向けられるようになって,初めて学習が進行するのであるから,それ以前の未解決期の訓練と,その後の学習との間には本質的な関係はないとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連続説の関連キーワード生活水準論争アシュトン石川千代松数量経済史ワイスマン長谷部言人織豊政権経済史学原子論世界史ミール生殖質心理学天才

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android