コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実証 じっしょう

3件 の用語解説(実証の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実証
じっしょう

漢方用語。病因となる邪気が盛んで,人体の正気 (生命活動の動力) との抗争の反応が激しい状態。具体的な症状としては,熱性病による高熱,顔面紅潮,口渇,手足をばたつかせる,うわ言をいう,などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっ‐しょう【実証】

[名](スル)
確実な証拠。確証。「実証のない仮説」
確かな証拠をもって証明すること。事実によって明らかにすること。「推理の正しさを実証する」
漢方で、病状の一。邪気の亢進(こうしん)した状態。水毒・食毒・血毒などが体内に停滞することにより引き起こされる。→虚証

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じっしょう【実証】

( 名 ) スル
事実によって証明すること。また、確実な証拠。 「理論の正しいことが実験で-された」 「 -を重んじる研究態度」
漢方で、体力が充実して疾病に対する抵抗力の強い体質をいう。または機能が亢進したり、生理的物質が過剰になった病的状態のこと。 ↔ 虚証

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実証の関連情報