コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実証 じっしょう

3件 の用語解説(実証の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実証
じっしょう

漢方用語。病因となる邪気が盛んで,人体の正気 (生命活動の動力) との抗争の反応が激しい状態。具体的な症状としては,熱性病による高熱,顔面紅潮,口渇,手足をばたつかせる,うわ言をいう,などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じっ‐しょう【実証】

[名](スル)
確実な証拠。確証。「実証のない仮説」
確かな証拠をもって証明すること。事実によって明らかにすること。「推理の正しさを実証する」
漢方で、病状の一。邪気の亢進(こうしん)した状態。水毒・食毒・血毒などが体内に停滞することにより引き起こされる。→虚証

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じっしょう【実証】

( 名 ) スル
事実によって証明すること。また、確実な証拠。 「理論の正しいことが実験で-された」 「 -を重んじる研究態度」
漢方で、体力が充実して疾病に対する抵抗力の強い体質をいう。または機能が亢進したり、生理的物質が過剰になった病的状態のこと。 ↔ 虚証

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実証の関連キーワード裏付ける確証証拠金徴憑的証傍証明徴明白安全神話返済原資

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実証の関連情報