コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物発電 せいぶつはつでん

百科事典マイペディアの解説

生物発電【せいぶつはつでん】

生物体による電流の発生をいう。細胞の原形質膜の蓄電性に由来し,特に神経や筋肉では活動に伴って活動電流が発生する。シビレエイデンキウナギ等の魚類では,筋肉の変形物として特別な発電器を発達させ,数十〜数百ボルト以上の直流を体外に放出して,自己防衛や環境探知に用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

生物発電の関連キーワードエネルギー代謝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android