コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物発電 せいぶつはつでん

百科事典マイペディアの解説

生物発電【せいぶつはつでん】

生物体による電流の発生をいう。細胞の原形質膜の蓄電性に由来し,特に神経や筋肉では活動に伴って活動電流が発生する。シビレエイ,デンキウナギ等の魚類では,筋肉の変形物として特別な発電器を発達させ,数十〜数百ボルト以上の直流を体外に放出して,自己防衛や環境探知に用いる。→電気魚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

生物発電の関連キーワードエネルギー代謝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物発電の関連情報