活動電流(読み)カツドウデンリュウ

  • かつどうでんりゅう クヮツドウデンリウ
  • かつどうでんりゅう〔クワツドウデンリウ〕

百科事典マイペディアの解説

動作電流とも。一般に神経,筋肉などは興奮時に電気的な変化を伴うが,この結果流れる電流をいう。休止状態では生体膜の透過性がナトリウムイオンに対して小さいため,同イオンは細胞の外側に多く,細胞内部は外側に対して負に帯電している。刺激により膜の透過性が一時的に変化すると,ナトリウムイオンは細胞内に流れ込み,カリウムイオン,塩素イオンの分布も変化して膜の内外の荷電は逆転する。このようにして興奮部が正になると隣接する休止部との間に電流が流れ,隣接部を次々に刺激して興奮が伝導する。心電図筋電図などに利用する。
→関連項目アイントホーフェン生物発電膜電位

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 生物の神経、筋肉、感覚器などが活動するときに流れる微弱な電流。生体内に、活動電位が生じたために流れるもので、心電図や脳波は、これを記録したものである。動作電流。⇔静止電流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android