活動電流(読み)カツドウデンリュウ

百科事典マイペディアの解説

活動電流【かつどうでんりゅう】

動作電流とも。一般に神経,筋肉などは興奮時に電気的な変化を伴うが,この結果流れる電流をいう。休止状態では生体膜の透過性がナトリウムイオンに対して小さいため,同イオンは細胞の外側に多く,細胞内部は外側に対して負に帯電している。刺激により膜の透過性が一時的に変化すると,ナトリウムイオンは細胞内に流れ込み,カリウムイオン,塩素イオンの分布も変化して膜の内外の荷電は逆転する。このようにして興奮部が正になると隣接する休止部との間に電流が流れ,隣接部を次々に刺激して興奮が伝導する。心電図筋電図などに利用する。
→関連項目アイントホーフェン生物発電膜電位

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かつどうでんりゅう【活動電流】

生体内部に活動電位が生じた時に流れる微弱な電流。心電図や脳波はこれを記録したもの。動作電流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android