コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生理的黄疸 せいりてきおうだんPhysiological Jaundice of the Newborn

家庭医学館の解説

せいりてきおうだん【生理的黄疸 Physiological Jaundice of the Newborn】

[どんな病気か]
 新生児にみられる生理的黄疸は、90%前後の新生児におこります。その発生ピークは日本人の場合、日齢5~6で、血中(けっちゅう)の総ビリルビン値が1dℓ中13プラスマイナス4mgに達し、その後減少します。ところが、生後2週間以上黄疸が続くことがあります。これが遷延性(せんえんせい)黄疸(「遷延性黄疸」)です。生理的黄疸は、胎児赤血球(たいじせっけっきゅう)の崩壊や、肝臓へのビリルビン抱合(解毒作用)が出生後数日間は低いことが原因と考えられています。
[治療]
 生理的黄疸のなかでも、血中のビリルビン値が一定の基準を超えて高くなった場合(成熟児では通常、1dℓ中16~18mg以上)は、特発性高(とくはつせいこう)ビリルビン血症(けっしょう)と呼ばれます。
 予防的にからだに光線をあて、ビリルビンの処理を促進する光線療法が行なわれますが、その基準は新生児の日齢、出生体重、呼吸状態などによって異なります。光線療法を行なってもビリルビン値の上昇が止まらない場合には交換輸血が行なわれます(コラム「新生児黄疸」)。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生理的黄疸
せいりてきおうだん

新生児黄疸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生理的黄疸の関連キーワード先天性胆道閉鎖症赤ちゃんの世話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android