コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光線療法 こうせんりょうほう light therapy

4件 の用語解説(光線療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光線療法
こうせんりょうほう
light therapy

日光療法ともいう。太陽光線を利用して行う治療法で,日光療法のほかに,赤外線療法紫外線療法が含まれる。全般的な日光療法は,佝僂病 (くるびょう) や骨軟化症以外では治療的効果が乏しいので,あまり行われない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうせん‐りょうほう〔クワウセンレウハフ〕【光線療法】

可視光線・紫外線赤外線を利用して行う治療法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

光線療法

 皮膚の疾患を治療する方法の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

こうせんりょうほう【光線療法】

 からだの外から光線をあて、体内にたまったビリルビンを破壊する治療を、光線療法といいます。
 ふつう、昼色光、青色光、緑色光を発する蛍光灯(けいこうとう)を用いて光線を照射しますが、目を保護するために目かくしをします。
 副作用として、体温の上昇、発疹(ほっしん)の出現、下痢(げり)、ブロンズベビー(皮膚や尿の色が暗灰褐色になる)などがおこりますが、光線療法を中止すれば治ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

光線療法の関連キーワード穿刺体調体内船淦光線過敏症姿態カラダの中からキレイに水素水からだの本たからだの里さいた横さばき

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光線療法の関連情報