コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷延性黄疸 せんえんせいおうだんProlonged Neonatal Jaundice

家庭医学館の解説

せんえんせいおうだん【遷延性黄疸 Prolonged Neonatal Jaundice】

[どんな病気か]
 生後2週間以後も、肉眼でわかる黄疸がみられるものです。血中(けっちゅう)に増加するビリルビンの種類によって、高間接型(こうかんせつがた)ビリルビン血症(けっしょう)(非閉塞性(ひへいそくせい)黄疸)と高直接型(こうちょくせつがた)ビリルビン血症(けっしょう)(閉塞性(へいそくせい)黄疸)とに分けられます。
 非閉塞性黄疸の原因は、母乳性(ぼにゅうせい)黄疸、溶血性(ようけつせい)疾患にともなう黄疸、体質性(遺伝性)黄疸などで、閉塞性黄疸の原因は、胆道系(たんどうけい)疾患、胎内(たいない)感染、敗血症(はいけつしょう)などです。以上のなかでは、母乳性黄疸(「母乳性黄疸」)がもっとも多くみられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

遷延性黄疸の関連キーワード生理的黄疸頭血腫

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android