生計費調整条項(読み)せいけいひちょうせいじょうこう

百科事典マイペディアの解説

生計費調整条項【せいけいひちょうせいじょうこう】

スライディング・スケール制sliding scale methodの一つ。これは,労使間の協定により,名目賃金額を物価その他の特定の経済指標の変動に合わせて自動的に調整する制度である。生計費調整条項cost of living adjustments(COLAs(コーラス)と略)の場合には,連動する指標を生計費,すなわち消費者物価指数(CPI)に置いている。労働者側には実質賃金の安定化につながり,企業側にとっては労使紛争による生産性の低下を未然に防ぐことができるという,双方にとってのメリットがある。エスカレーター条項ともいう。→スライド制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android