生駒正俊(読み)いこま まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒正俊 いこま-まさとし

1586-1621 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年生まれ。生駒一正の長男。妻は藤堂高虎の娘。天正20年から豊臣秀吉にしたがう。関ケ原の戦いでは祖父親正(ちかまさ)とともに西軍方につくが,東軍にくみした父の功によりゆるされ,慶長15年讃岐(さぬき)(香川県)一国をつぐ。高松藩主生駒家2代。元和(げんな)7年6月5日死去。36歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android