コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒一正 いこま かずまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒一正 いこま-かずまさ

1555-1610 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
弘治(こうじ)元年生まれ。生駒親正(ちかまさ)の子。織田信長につかえる。のち豊臣秀吉に属し,朝鮮出兵にしたがう。関ケ原の戦いでは東軍の先鋒(せんぽう)をつとめる。慶長6年讃岐(さぬき)(香川県)17万石余の領主として丸亀城にはいり,翌年高松城にうつった。高松藩主生駒家初代。慶長15年3月18日死去。56歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生駒一正の関連キーワード弘治陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城牧野康成名古屋城清須(市)名古屋城