産業化社会(読み)さんぎょうかしゃかい(英語表記)industrial society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業化社会
さんぎょうかしゃかい
industrial society

農業,商業を中心とする社会に対して,産業を中心とする社会をいう。特に第2次世界大戦後のめざましい技術革新の進展により,社会の産業化は急速かつ広範囲に進み,経済成長をもたらした。第2次産業を中心とする,鉄鋼産業,自動車産業,電機産業,住宅産業はその主柱であったが,1970年代からその成長が鈍化してきた。海外直接投資の活発化など国際的環境の変化や情報産業の発展など産業構造のシフトから,脱産業 (工業) 化社会の方向性が示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業化社会の関連情報