コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業化社会 さんぎょうかしゃかいindustrial society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業化社会
さんぎょうかしゃかい
industrial society

農業,商業を中心とする社会に対して,産業を中心とする社会をいう。特に第2次世界大戦後のめざましい技術革新の進展により,社会の産業化は急速かつ広範囲に進み,経済成長をもたらした。第2次産業を中心とする,鉄鋼産業,自動車産業,電機産業,住宅産業はその主柱であったが,1970年代からその成長が鈍化してきた。海外直接投資の活発化など国際的環境の変化や情報産業の発展など産業構造のシフトから,脱産業 (工業) 化社会の方向性が示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

産業化社会の関連キーワードブルーカラー・ホワイトカラーインダストリアリズムコミューン運動マーシャル諸島脱工業化社会産業医科大学階層意識情報社会映像文化新中間層福祉社会交通遺児メナボパラオ病気料理分業

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業化社会の関連情報